CFD業者によって異なる限月

「CFDの先物の限月って何だろう?」と疑問に感じたことがある方は少なくないでしょう。
これは特に初心者の方や、CFDに興味を持ち始めている方が抱きやすい疑問だと思います。
先物の限月(げんげつ)というのは、商品先物や株価指数先物などの取引が終了する月のことで、例えば日経平均株価(日経225)の場合は3カ月毎の3月、6月、9月、12月が限月ということです。
そして、その限月の取引最終日を満期日(SQ日)と言います。

そもそも先物取引は「ある商品」を「先の決められた期日」に「今、取り決めた価格」で行う取引です。
つまり決められた期日というのは受け渡し日・精算日であり、期日以降の取引はできないのです。
そこで決められた期日こそが限月というわけです。
ちなみに月によって呼び名が異なり、例えば3月に受け渡し日があるという時には3月限(3がつぎり)、6月なら6月限(6がつぎり)、9月限(9がつぎり)、12月限(12がつぎり)のような感じです。

満月日はCFD業者によって異なるので、もし複数の銘柄を取引するのなら、分からなくならないようにしっかり把握しておかなければいけません。
基本的に限月は3カ月毎ですが、業者によっては毎月行うところもあります。
取引する前に必ず確認しておくようにしましょう。

This entry was posted in 株価指数. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>