初心者は構成銘柄の多い株価指数から挑戦を

子どもが大きくなるまでに少しでも貯蓄を増やしておきたい。
今ならまだ大きな額が出ることもない、今のうちに投資で増やしてみるか!
そう考えて投資に目を向け、まずは情報を、ということで証券会社から資料を取り寄せる人は案外多いのではないでしょうか。
または、書籍を購入して読みふける方もいるかもしれません。

しかし、中身を見ればちんぷんかんぷん、なんていうことはありがちです。
どこから手をつけたらいいのか分からない、どれが初心者向けなのだろう・・・。
そんな時は、とりあえず株式指数とその構成銘柄について学んでみましょう。

株式指数とは、株式市場全体、またはある特定の銘柄集団の値動きを平均化し、その値を集約したものです。
日本における株価指数の代表的なものといえば、日経平均株価というものがあります。
これは日経225とも呼ばれ、東京証券取引所市場の第一部上場銘柄1700のうち、その市場を代表する225銘柄を対象とした指数です。
昔は純粋に225で割って平均を出していたのですが、225銘柄の中身が入れ替わった場合にも過去からの連続性を持たせるために、現在ではそこに特殊な計算式をプラスして算出しています。

同じく株価指数としてよく聞くのがTOPIXです。
これは東証株価指数と呼ばれるもので、こちらは選び出した銘柄ではなく、東京証券取引所の第一部上場企業すべてを対象としています。

また、海外のものとしてはダウ平均が有名です。
こちらはアメリカの優良大手企業30社の平均から出すものです。

もう1つ、ナスダック総合指数というものもあります。
こちらは全米証券業協会が運営している電子株式市場・NASDAQに上場している3000以上の銘柄すべてを対象としています。

この構成銘柄が多ければ多いほど、リターンも少なくなりますがリスクも低くなります。
ですので、初心者さんは1社にいきなりつぎ込むよりも、このような株価指数に投資をしてどんなものかを身をもって知る、ということの方が入門編として学ぶには良いようです。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

経済から捉える政策金利と株価指数

株式市場は今後どんどん落ち込んていくという見方はある意味正しいのかもしれません。
ただまた色々な事の反動によって上がることもあるでしょうし、経済から株価指数を捉えた時には、悪い事ばかりではないのも確かです。
政策金利が低く設定されている国は多くなってきましたが、国の経済自体が不安定になっているという現実がありますし、銀行も色々な環境の中で中央銀行から借り入れてそれで運用していけば良いという捉え方も変わってきていると思います。

経済の指標も色々と乱気流の中ですが、これが落ち着くにはまずは新しい発想、視点で捉えていける経済界のリーダーが必要です。
今のままだと金融緩和という言葉ばかりが広まって、実際に経済に与える影響が見えにくくなっていますし、経済がこれだけ不安定になっているのに、一人の首相や、トップにかじ取りを任せていては世界的な落ち込みは避けられません。
株価指数は一つの指標ですから、もっと広い視野で見ていきたいですね。
政策金利についても同じです。

国の中にはたくさんの人がいて、毎日生活しています。
政策金利や、株価指数とは全く無縁の中で生きている方達も多いでしょう。
今はある意味、世界経済と株価指数などの経済指標を改める事も必要なのではないかと思います。
政策金利はやはり政策ですから善意ばかりではやっていけません。
株価指数が私たちの思う通りに動いてくれればいいのですが、なかなか数字は好意的ばかりには動いてくれません。
何かしらの新しい視野とマーケットは必要になってくると思いますので、それを発想して形にするのも良いと思います。

株価指数を見ていると不安になったり、興奮したりと精神的に良くない事も多いですが、金利が上がり経済も良くなれば皆さんも豊かな生活ができると思いますし、世界中の経済機関のリーダーに今後を期待したいものです。
計算してばかりいても何も始まらない事もあるので、株価指数を見て投資していくのも良いですし、経済は不安定だから今は投資は控えようというのもまたありです。
弱腰ではなく冷静になる事も必要ですが、この経済状態を何とかしたいものです。
現状から立て直すには相当時間がかかると思いますが、世の中の全員が豊かになる事はとても良い事だと思うので、力強く経済を引っ張って行ってくれるリーダーの出現を待ちたいような気もします。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

政治も関係するファンダメンタルズが難しいなら社債がお勧め?

株式投資でも証拠金取引でも役に立つ“ファンダメンタルズ分析”。
そもそもファンダメンタルズとは、どういう意味なのか知っていますか?

ファンダメンタルズは「経済の基礎的条件」と略され、どういう事かと言うと国や企業などの経済状態を表している指標のことを指しています。
具体的には…
国の場合→経済成長率、財政収支、物価上昇率など
企業の場合→売上高、業績、利益と負債の財務状況など
がそれぞれ挙げられます。
このファンダメンタルズを活用して、為替や株価がどのように動くのかを予測するのが“ファンダメンタルズ分析”ということです。
ただ、国を対象とした場合は経済指標の他に政治的要因なども影響してくるので、初心者にとっては難易度の高い分析法と言えます。

そんな中、近年注目度が高くなっている「社債」について知っていますか?
社債とは、企業が事業資金を集める為に発行するもので、「わが社はあなたから○○円借りました。△年△月△日までに○%の利息を払って返します」という、いわば借用書です。
株式よりは得られる利益は少ないものの、社債は決まった利息があるので業績によっては全く貰えないというリスクはありません。
リスクをなるべく抑えて資産運用したい方にオススメです。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

純金を対象とした資産運用~入門編~

老後の為に少しでも資産を増やしておこうと、資産運用を始める方はここ数年の間で増加傾向にあるようです。
少子高齢化が進む日本では「本当に年金を貰えるのか不安…」「年金だけでゆとりある老後生活を送れるとは思えない…」など、年金不安を抱える方は少なくありません。
しかし日本は低金利国でもあるので、銀行に預けても期待できるほど利息が付くわけではなく、株やFXなどで資産を増やそうと考えるのは当然と言えば当然なのかもしれません。
ただ気になるのはリスクです。
資産を増やすはずが損をしてしまったら元も子もありませんよね。
そこで投資対象を、限りある貴重な資源である“純金”にしてみてはいかがでしょう?

そもそも純金を投資対象とするメリットは様々あります。
例えば、株や債券などは会社が倒産してしまうとただの紙切れになり価値が無くなりますし、為替もまた国が財政危機になってしまえば暴落してしまうことになります。
しかし純金は世界中で需要がある資産なので価値は変動しますが、ゼロになったりマイナスになる事はあり得ません。

純金を対象とした資産運用には“純金積立”がおすすめです。
販売会社が無料で純金を保管してくれるので、安心安全というメリットがあります。
投資の入門としても始めやすいのではないでしょうか。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

世界でメジャーなインデックス投資!日経平均はどう関わる!?

インデックス投資は世界、特にアメリカではメジャーな資産運用の1つとして多くの資産家が取引を行っています。
一昔前の日本ではマイナーな投資というイメージが強かったようですが、ライブドアショックが起きた頃からインデックス投資の合理性に気付いた方が増え、少しずつ需要が高まりつつあります。
しかし、それでもまだアクティブ投資のほうが良いと思っている方も少なくありません。
もちろんアクティブ投資にも魅力はあり、どちらが良いとは断言できませんが、インデックス投資の良さに気付いていないのであれば、それはとても勿体ないことをしているのかもしれません。

そもそもインデックス投資の「インデックス」とは、日経平均225やTOPIX、ダウ指数など市場の動きを表す株価指数で、これらに連動した動き(市場平均)を目指すのがインデックス投資です。
一方のアクティブ投資は、市場の平均値を上回ろうとする運用法のことを言います。
この時点で、アクティブ投資のほうが利益を得られそうと思うかもしれませんが、考えてみてください。
平均値というのは全ての投資家全員の成績の平均なので、下回っている人もいれば上回っている人もいます。
つまり、全てのアクティブ投資家が必ずしも勝てるというわけではないのです。
またコスト面に関しても、アクティブ投資より安く済む、というのもインデックス投資が人気の理由となっています。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

CFD業者によって異なる限月

「CFDの先物の限月って何だろう?」と疑問に感じたことがある方は少なくないでしょう。
これは特に初心者の方や、CFDに興味を持ち始めている方が抱きやすい疑問だと思います。
先物の限月(げんげつ)というのは、商品先物や株価指数先物などの取引が終了する月のことで、例えば日経平均株価(日経225)の場合は3カ月毎の3月、6月、9月、12月が限月ということです。
そして、その限月の取引最終日を満期日(SQ日)と言います。

そもそも先物取引は「ある商品」を「先の決められた期日」に「今、取り決めた価格」で行う取引です。
つまり決められた期日というのは受け渡し日・精算日であり、期日以降の取引はできないのです。
そこで決められた期日こそが限月というわけです。
ちなみに月によって呼び名が異なり、例えば3月に受け渡し日があるという時には3月限(3がつぎり)、6月なら6月限(6がつぎり)、9月限(9がつぎり)、12月限(12がつぎり)のような感じです。

満月日はCFD業者によって異なるので、もし複数の銘柄を取引するのなら、分からなくならないようにしっかり把握しておかなければいけません。
基本的に限月は3カ月毎ですが、業者によっては毎月行うところもあります。
取引する前に必ず確認しておくようにしましょう。

Posted in 株価指数 | Leave a comment

日経225先物取引を始める前に覚えておきたい用語

日経225先物取引を始める前に覚えておかなければいけない用語、そして基本的な知識を身につける必要があります。
何の知識も無い状態で取引してしまうのは、大きな損失を生む原因になります。
その為、基本的な知識の勉強は怠らないようにしましょう。
今回は日経225先物に興味を持っているけれどイマイチよく分からない…、始めたいけれど難しそう…、という方の為に解説したいと思います。

日経225先物とは先物取引の一種で、日経平均株価指数を売買する取引です。
例えば、未来の決められた日に日経平均を10,000円で1枚買う予約をしたとします。
そして決められた日に日経平均が11,000円となっていれば、10,000円で買う予約をしていたので1,000円お得に購入することができます。
逆に11,000円ではなく9,000円となっていれば、1,000円損をする事になります。
日経225先物は、対象となる商品の値が将来どのように動いているのかを予測する取引なのです。

では続いて、覚えておきたい用語も見てみましょう。
追証、限月、ショート、サーキットブレーカー、差金決済、証拠金、デリバティブ、成行注文、ペイオフレシオ、プロフィットファクター、ボラティリティー、枚、呼値、ロングは最低でも覚えておきたい用語です。
先物の用語を知るならこちら
普段の生活では聞き慣れない用語ばかりなので、しっかり意味を理解しておくようにしましょう。

Posted in 株価指数 | Leave a comment